FC2ブログ


フェスタ2013年はこちら!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地への思いを込めて~チャリティ企画はこうして始まった~

フェスタ初【チャリティ・イベント】開催


震災チャリティ・西出先生作 
主題:鎮魂(レクイエム) 西出滋作



きっかけはベテラン・イラストレーター 西出滋さんの「みんなで何かやろう」という声でした。
似顔絵・西出先生 
イラストレーター 西出滋:記
似顔絵:ご本人
3月11日に起こった大震災の映像を見て、まず思ったのは 自然のとてつもない破壊力と人間の無力感でした。

マッチ箱のように流されて行く家を見て、その家族の 生きた証もすべて無くなってしまうのだと思うと心痛でした。
でも被災した方々に何かが出来る訳でもなく、傍観者でいることは
後々、すごいストレスになるのではないかと思いました。

若い頃、お年寄りがバスに乗ってこられて目の前に立たれた時 座を譲るかどうか思案してる間に近くの中年の方がお立になり、 代わられたことがありますが、目的地に着く迄、なんともいえない 居心地の悪さにとらわれたことがあります。

我々の大方の人は被災者の方に多額のお金を寄付も出来なければ 瓦礫を片付けに力仕事も出来ません。
やりたくても何も出来ないと思ってる居心地の悪さを 少しでも軽減出来るのではないかと思いついたことが チャリティの提案でした。 その僅かなことが広がりを持ち、それが形になれば 個々の無力感も幾分和らぎ達成感までいけば最高だと思っております。

私が非常勤で教えてる学生にもチャリティ用のイラストを 描いてくれないかと提案しました。
たんなる課題でなく、自分の作品がそのような物に使われることの意義さにすごく共感してくれて頑張ってくれてます。

人は物や金だけでは心は満たされないことを知っています。
送る物より送る心で長く被災地の方々と繋がれば良いとおもいます。

西出2西出1
写真/いちもくセミナーで似顔絵を教える西出先生。美術専門学校の講師としても活躍中。


当日は、イラストレーターはじめネッツのメンバーが 作ったポストカードやブックカバー、
フェスたん缶バッジ」、キャラクターデザインを手がけた「べんりみそ」などをチャリティ販売します。



売り上げは全額、震災義援金として寄付。

皆さま、お越しいただいて、ぜひお買い求めください。
お申し込み
お申し込みはこちらから
会場アクセス
MAPはこちら
もくじ
最新記事
フェスタツイッター
リンク
アクセスカウンター
sine2011.4.6
現在の閲覧者数
サイト内検索
QRコード
QR
RSS